何でもかんでもクレジットカード決済にしてポイントを貯める

生活する上でクレジットカードで支払えるものは全てカード払いにすることで、カードポイントがたくさん貯まります。
MENU

何でもかんでもクレジットカード決済にしてポイントを貯める

最近は、クレジットカードを活用してショッピングを楽しむ人がたくさんいます。クレジットカードを利用するメリットの一つにポイントが付与される特典があります。つまり、生活する上でクレジットカードで支払えるものは全てカード払いにすることで、カードポイントがたくさん貯まります。

 

 

クレジットカード ポイント 貯める 

 

 

クレジットカードのポイントの楽しみなところは、自然と貯まっているところにあるという人もいます。ポイントのつく条件はクレジットカードごとに違いますので、ポイントのつきやすいカードを選ぶといいでしょう。

 

 

さらに大事なのは、様々な場面でクレジットカードの決済を選択することです。以前は現金決済が普通だったシチュエーションでも、クレジットカードを使うことが多くなっています。

 

 

ポイントがスムーズにつくようにするには、クレジットカードで買い物ができる時は日頃からクレジットカードを使う習慣をつけるといいでしょう。コンビニなんて毎日行く方も多いと思いますが、チリも積もればですね。

 

 

地方自治体の中には、水道料金やガス料金、住民税などもクレジットカード決済ができるところがあります。遠方からの入金に対応できるように、クレジットカードでの振り込みを利用したふるさと納税の受付も行われています。ふるさと納税も万単位で寄付するケースが多いので、カードポイントもそれなりに稼げるのではないでしょうか。

 

 

クレジットカードでの支払いが可能なものとして、生命保険や、損害保険などの保険料の支払い手続きなどもあります。どの保険会社の保険商品を利用しているかによっては、クレジットカードでの支払いがまだできないところもりあります。クレジットカードのポイントがより多くたまるようにするには、保険料の払い込みなどを極力カードで行うことです。

 

 

一旦カード払いに設定すれば、その後は何もしなくても引き落としが行われて、その分のポイントがつくので、手間がかかりません。

 

 

以上のように、毎月発生することが多い出費であれば、クレジットカードの決済に変更するだけで、年間のポイント数は大幅に増えることでしょう。コツコツと積み重ねが大切なのです。

 

 

利用金額の1%程度がポイントになると聞くと、さほどの割合ではないように思うかもしれませんが、確実にポイントは増えていきます。

 

 

ポイントをためて、カードの精算時の割引に用いたり、カタログ景品や金券との交換ができるという仕組みです。

 

 

ほかのメリットとしては、後払いで商品を買うことができる点でしょう。分割払いにすれば、高額の買い物でも、負担にならずに済ませることができます。自由に動かせるお金が少なくても、分割で支払うことで家計に負担をかけずに買い物が可能になります。

 

 

クレジットカードは分割で支払うと利子が発生しますので、できれば一括払いで、利息がつかないような買い方をするほうがお得です。どういったシステムでクレジットカードのサービスが成り立っているのかを理解することは、カードを上手に使いこなすための指針になります。

 

 

以上のようにクレジットカードの仕組みをしっかり学んで賢く使ってポイントを貯めていきましょう。

このページの先頭へ